All about Osho (Oshoのすべてについて)


Osho Japanアクティヴィティ



OSHO 瞑想会 のお知らせと予定 / OSHO Meditation Program
 はじめての方も歓迎です。どうぞお気軽にご参加下さい。


OSHO メディテーション・トレーニング /OSHO Meditation: In-depth and Facilitating

   2017年4月28日(金)、29日(土)、30日(日)

 このトレーニングに参加する為には、OSHO 瞑想を体験していることがリクエストされています。

 


特別セール 一部商品を再入荷しました。ご覧くだい。

OSHO ZEN TAROTのための音楽CDも入荷しました。

 

 

・OSHO JAPANメーリングリストサービスのご案内
 瞑想会やイベントのインフォーメーションをメールで全国にお送りしています。

 ご希望の方はお申し込み下さい

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


OSHO on FACEBOOK 日本語版が出来ました。OSHO Japaneseです。

OSHO・メディテーション・リゾート in PUNE INDIAの今の情報をお届けします。

どうぞご覧下さい。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

OSHO プレスリリース 最新情報
OSHOの大災害についての講話を掲載します。

大 災害というものは、人をあるがままの現実に目覚めさせる。現実は常に壊れやすいものだ。誰もが常に危険にさらされている。ただ平常なときは、ぐっすり眠り こけているために、それが見えないだけだ。来るべき日々に対して、将来に対して、夢を見続け、素晴らしいことを想像し続ける。だが危険が差し迫ってきた瞬 間には、人は突然未来はないかもしれないということに、明日はないかもしれない、自分には今この瞬間しかないということに気が付く。だから、大災害の時と いうのは、非常に啓示的なものだ。大災害は、この世に何一つ新しいものをもたらさない。それはただ、あるがままの世界に気づかせるだけだ。それは人の目を 覚まさせる。それを理解しなければ、気が違うことも有り得る。それを理解すれば、目覚めも起こりえる。 (更に読みたい方はこちらに:The Tooling Bell (Osho:大災害について)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●「慈悲 愛の究極の開花」日本語字幕つき無料ビデオです。長さは、約10分。

お楽しみ下さい。





● 日本語音声で聞くOSHO講話の一瞥}(日本語朗読)
[瞑想とは?]
[私が去る時(パ ート1)]

● 音声ガイドつきOSHO ヴィパサナ瞑想をお楽しみください 

サイレント・エクスプロージョン

 インド、プネー:OSHO メディテーション・リゾートのすべてを映像で紹介します

SHOP 禅タロットのコーナーに、パドマとアヌパの物語をリンクしました

● OSHO International プ レスリリース 最新情報


世界のOSHOメディテーションセンター、インフォメーションセンター、インスティチュート



OSHO Sannyas (サニヤスって何?)


 

● OshoJapanについて
OshoJapanは、インドの神秘家、OSHO のヴィジョンを紹介する、OSHO の公式センターです。
OSHO プネー・インフォーメーション・センターとして、インド、プネーにある
OSHO メディテーション・リゾートでの紹介や情報を提供しています。


私共の活動は、オーガニズム・有機体なもので、オーガニゼーション・組織体ではありません。
宗教ではありません。勧誘活動や布教活動などは、一切、ありません。
いかなる政治活動団体及び宗教活動団体に属しません。


●OSHO is a registered trademark of Osho International Foundation, used
with permission, www.osho.com/trademarks <http://www.osho.com/trademarks>

Some material used here (images and text excerpts) is Copyright © OSHO
International Foundation, www.osho.com/copyright <http://www.osho.com/copyright>