OSHO 坐禅


坐禅は、奥深く何ものにも従事していない状態だ
それは瞑想ですらない
というのも、あなたが瞑想するときには
あなたは何かをしようとしているからだ
神聖なるものたること、を思い起していたり
まさしく自分自身を思い起こしたりする
そうした努力がさざ波をつくり出す

 

 

あなたは、どんなところに座ってもいい

が、何を見るにせよあまり刺激のあるものであってはならない
たとえば、あまり動きの大きなものであってはならない
それらは注意を散漫にする
木々なら見てもいい
それなら問題にはならない
なぜなら、木々は動かないのでその風景が一定しているからだ
空を見守るのもいい
あるいは、ただ部屋の一隅に坐って、壁を見守るのもいい

 

三番目は、とくに何かに注目してはならにということだ
ただの空っぽの状態ーーーー
というのも、そこに目があり人は何かを見なくてはならないからだ
が、あなたはとくに何かを見てはいない
何かに焦点を合わせたり、集中したりしてはならない
ただ広がったひとつの像、それはたいそうくつろがせるものだ
そして三番目は、あなたの呼吸をくつろがせるということだ
それをやってはいけない、それを起らせるがいい
それを自然のままにしておくがいい
そうすれば、さらにいっそうくつろぎをうむ

 

四番目は、体をできるだけ不動に保ということだ
まず、よい姿勢をみつけなさい
まくらやふとん、心地よく感じるならどんなものに坐ってもいい
だが、いったん腰をすえたなら、不動もままでいなさい
というのは、体が動かなければ心は自動的に静まるからだ
体が動けば、心も動き続ける
なぜならば、心身は二つのものではないからだ
それらは一体・・・・ひとつのエネルギーだ

初めのうち、それは少し難しく思えるだろう
が、2〜3日たったら、あなたは途方もなくそれを楽しむだろう
まもなくあなたは、心の層が一層ずつはがれ落ちてゆくのがわかる
あなたがただ無心にそこにいる一瞬がやってくる