OSHO トーキング・トゥー・ユァ・マインド・アンド・ボディ



マインドそして身体と対話する、忘れられた言葉を思い出す

 まず最初にあなたは、催眠を用いて再び自分のボディ‐マインドとつながり、友達になります。
そして、自分の無意識と対話することによって、
癒しのプロセスは始まります。体重のコントロールや偏頭痛、その他の身体の痛みや、
自然なバランスを失うことで生じる身体のどんなことにも、
このメディテーティブセラピーを使うことができる、とOshoは指摘しています。


 

 「身体は魂の目に見える部分で、魂はからだの目に見えない部分だ。からだと魂はどこも分離していない、
それらは互いの一部であり、それらはひとつの全体の一部だ。
あなたはからだを受け入れなければならない、あなたはからだを愛さなければならない、
あなたはからだを尊重しなければならない、あなたは自分のからだに感謝しなければならない……。
からだは存在の中で最も複雑なメカニズムだ――それは、全く驚くべきものだ! そして、驚きを感じる者たちは幸せだ。
その不思議な驚きを、あなた自身のからだで感じることから始めてごらん。
なぜなら、それがあなたにもっとも近いものだからだ。
あなたに近づいているもっとも親しい自然、あなたに訪れているもっとも親密な神、それはからだを通してだ。
あなたのからだの中には海の水があり、あなたのからだの中には星々や太陽の火があり、
あなたのからだの中には空気があり、あなたのからだは大地でできている。あなたのからだは存在全体、
そのすべての要素を象徴している。そして何という変容だろう! 何という魔法のような変化だろう! 大地を見てごらん、
そしてそれから、あなたのからだを見てごらん。何という変容だろう、
だが、あなたは決してそのことに驚きを感じたことはなかった! 塵が神性なものになった――
これ以上の神秘があり得るだろうか? これ以上のどんな奇跡を、あなたは望んでいるというのだろう?
そして、あなたは毎日奇跡が起こっているのを目にする。泥から蓮の花が現れる……
そして大地から、私たちの美しいからだが現れた」

Osho: The Dhammapada: The Way of the Buddha, Vol 2 から抜粋




Copyright  2008 Osho International Foundation