OSHO ナタラジ・メディテーション --- 踊りの中に消え去る ---

これは、3つのステージからなる65分間の踊りの瞑想です。特にこの瞑想のために作られた音楽があります。

 踊りの中に消え去った後で、沈黙と静寂の中にくつろぐことが、このメソッドによっての内側に向かう道順です。

 

 「エゴの中心である踊り手を忘れ、踊りそのものになりなさい。それがこの瞑想だ。自分が踊っているのを忘れ、自分が踊りそのものだと感じはじめるほど、深く踊りなさい。分裂は消えなければならない。そしたらそれは瞑想になる。
 もし踊りと踊り手のあいだに区別があったら、それは一種の体操だ。健康的で良いものだが、霊的で精神的だとは言えない。それは単なる踊りだ。踊り自体は 良いものだし、それはそれですばらしい。踊った後、あなたは新鮮に若々しく感じるだろう。でも、それはまだ瞑想ではない。踊り手は消えなければならない。 踊りしか残らなくなるまで――。脇に立って、傍観者でいてはならない。没入しなさい!
 そして、遊び心を持ちなさい。<遊び心>という言葉を、いつも覚えておきなさい。私にとって、それはまさに基本的なことだ」   Osho




第1ステージ 40分
目を閉じたままとりつかれたように踊ります。無意識の層が、自分を完全に乗っ取るにまかせます。動作をコントロールせず、また起こっていることの傍観者であってもいけません。踊りの中に、全面的に入り込みましょう。

第2ステージ 20分
目を閉じたまま、直ちに横たわります。そして、沈黙のうちに静止しています。

第3ステージ 5分間
祝福のうちに踊り、楽しみましょう。

更に詳しく知りたい方は、画像、映像付き解説へ。