OSHO デヴァヴァ二瞑想〜舌によるラティハン〜

毎晩眠りにつく前に、ちょっとした技法をするとよい。それは大いに役立つ。明かりを消し、あとは眠るだけにしてからベッドに坐る。十五分間坐りなさい。目を閉じて、単調で意味のない音声を出すようにする。たとえば、「ラ、ラ、ラ・・・・・」、「ラァ、ラァ、ラァ・・・・・」。それから、心に新しい音が湧いてくるのを待つがいい。ただ覚えておくべきことは、その音声が自分の知っている言語であってはならないということだ。
ただ意識を取り去って無意識に話をさせるだけで、音や意味のない言葉が出てくるようになる。無意識が話すときには、それ自体は言葉を知らない。これはきわめて古い方法だ。それは旧約聖書にはじまる。当時は「異言」と呼ばれていた。アメリカのある教会ではいまでも用いられ、「舌でする話」と呼ばれている。これはすばらしい方法だ。
無意識のなかへ浸透してゆくもっとも深いもののひとつだ。「ラ、ラ、ラ・・・・・」とはじめて、それから何がやってこようと続けてゆく。ただ最初の日だけ、少しむずかしく感じるかもしれない。だが、いったんはじまればすぐにコツがわかる。そうしたら十五分間、自分のところへやってくる言葉を使うがいい。
それを言語として使うのだ。実際、あなたはそのなかで話しているのだから。この十五分間は、心の意識的な部分をとても深くくつろがせる。それから、横になって眠りなさい。あなたの眠りはより深くなる。数週間のうちに眠りはとても深くなって、朝にはまったく新鮮に感じるだろう。-Osho-


デヴァヴァ二瞑想の技法

デヴァヴァニとは、瞑想者を通して語られる「神の声」という意味です。瞑想者は空っぽの器、ひとつの通路になります。この瞑想は「舌によるラティハン」です。
心の意識的な部分をとても深くくつろがせるため、夜、眠りにつく直前に行なうと、非常に深い眠りが得られることは確実です。
4つのステージからなり、各15分間です。目はずっと閉じたままでいます。



第1ステージ 15分

音楽が流れている間、静かに座っています。

第2ステージ 15分

意味のない音声を出し始めます。たとえば「ラ、ラ、ラ……」というようなものです。耳慣れない言葉めいた音声が出てくるまで、それを続けます。その音声は、言葉を覚える前の幼児期に使われていた頭脳の、今ではなじみの薄い部分から出てこなければなりません。穏やかな会話のような調子を保ちます。泣いたり、叫んだり、笑ったり、悲鳴を上げたりしてはいけません。


第3ステージ 15分

話し続けながら、立ち上がります。身体がその音声と調和しながら、柔らかく動くにまかせます。身体がゆったりとくつろいでいれば、自分の制御を超えたところで、微妙なエネルギーがラティハンを引き起こすでしょう。

第4ステージ 15分


横たわって、静かにじっとしています。




※デヴァヴァ二、すわなち、舌によるラティハンとは、ジベリッシュとは区別されます。ジベリッシュはマインドとその動きのすべてを放り出すことですが、ラティハンは、発散、放出ではなく、「起こるがままにまかせること」、「自分が神のエネルギーの媒体になること」です。ジベリッシュは為すこと、ラティハンはまかせることです。